本文へスキップ

特定非営利活動法人 岩手未来機構

               

NPO法人岩手未来機構は「アート」「地域振興」「心のケア」この3つの力で 東北の子どもたちの明日につながる 様々な事業を行っております。

TOPICS



ポーラ美術振興財団より
いわてアートプロジェクト2016に助成金が授与


4月4日、公益財団法人ポーラ美術振興財団の平成28年度助成金授与式が、東京銀座のポーラミュージアム アネックスで行われ、いわてアートプロジェクト2016が、助成金を頂戴致しました。


ポーラ美術振興財団の助成金は、
独創性、美術界への貢献度、さらには社会に対する美術の裾野を広げる様々な事業やアーティストに対して 広く一般に公募し、授与されるものです。

今回の募集では、400あまりの応募の中から、若手芸術家の在外研修助成に18人、美術館職員の調査研究助成には12人、そしていわてアートプロジェクトが助成対象となった美術に関する国際交流分野では12団体が受賞しました。

授与式では、当機構の顧問でもあり、アートプロジェクトの実行委員会の福井誠司実行委員長に
理事長の鈴木郷史様(株式会社ポーラ・オルビス ホールディングス代表取締役社長)より目録が手渡されました。

ポーラ美術振興財団様、そしてこれまで私達の活動を支えて下さった皆様に、心から感謝申し上げます。



東京の伊藤忠青山アートスクエアギャラリーにて
マグダレナ・ソレ写真展開催

震災5年目となる今年の3月、東京青山にある伊藤忠青山アートスクエアギャラリーにて、当機構顧問である
ニューヨーク在住の写真家マグダレナ・ソレ氏の写真展が開催されました。






3月11日にはマグダレナさんと画家の長友心平さんのトークショーも開催され、260名を超える方々にお越しいただきました。

マグダレナ・ソレという1人のアーティストの感性というフィルターを通じて あの日を振り返ることとなった 本写真展。
あまりに大きな被害と悲しさに、私たち日本人は無意識に「無くなってしまったもの」に視点が向かいがちなのかもしれません。しかし「多くを失ったけれど、全てを失い世界が無色になったわけではなかった」ー彼女の柔らかな色の表現から、「在るもの」の尊さや美しさを感じていただけたような気がします。

会場に足をお運びいただきました皆様、本当にありがとうございました。

なお、この展覧会は、株式会社伊藤忠商事様 株式会社ニコン様 
株式会社株式会社プロテク様 株式会社アワガミファクトリー様の多大なご支援により実現致しました。
ここに心より御礼申し上げます。


冬季国体に合わせ、いわてアートプロジェクト2016として
作品展とアートイベントを開催


希望郷いわて国体が行われた1月、2月、国体文化プログラムとして、アートイベントを開催致しました。


マグダレナ・ソレ高校生写真公募展表彰式 

昨年6月より10月まで公募が行われていた ニューヨーク在住の写真家マグダレナ・ソレ氏が審査を行う「マグダレナ・ソレ写真公募展」(共催・岩手県高等学校文化連盟写真専門部/協力・株式会社ニコン イメージングジャパン)の入賞者が決まり、12月14日、表彰式が行われました。
写真のテーマは「食事(meal time)」。
大賞を受賞した角掛さんには株式会社ニコンイメージングジャパン様から賞品Nikon 1 J5が授与されました。


左から大賞受賞の角掛さん「ごちそうさま」 中央は準大賞の太田さん「焼けたかな」 右はマグダレナ・ソレ賞の大田代君「いただきまぁ~す」
大賞を受賞したした角掛さんは、沢山の取材陣に囲まれ、一生懸命に質問に答えていました。
この公募展の入賞作品は、9月30日~開催される、いわてアートプロジェクト2016にて、マグダレナ・ソレの作品と共に展示されます。会場は南昌荘を予定)
若々しい感性の作品です。
ぜひ沢山の方のお越しをお待ちしております!
 
 審査員マグダレナ・ソレ氏




KIBOWプレゼンテーション東北大会にて3位獲得!!



11月15日、仙台の河北新報社本社ホールにおいて、(一社)KIBOW(堀義人代表)のプレゼンテーション東北大会が行われ、”いわてアートプロジェクト2016”が推薦され、出場して参りました。
この大会は、震災当時から被災地の復興のために頑張る人々を応援するために 毎年開催されているもので、今回の東北大会に出場した団体は10団体。
どのプレゼンテーションも、地域の方々と共に課題に取り組み 頑張られている素敵な発表でした。
そんな中、当プロジェクトは 昨年の盛岡地区大会で優勝した時と同様、島口修子事務局長が心を打つプレゼンを行い、見事3位。 賞金50万円をいただきました。
応援して下さった皆様、本当にありがとうございました!


岩手とニューヨークをつなぐ邦楽コンサート開催

10月10日と11日、ニューヨークから尺八奏者のラルフ・サミュエルソンさんとエリザベス・ブラウンさん、そして日本からは珍しい一絃琴の家元、峯岸一水さんをお迎えしてのコンサートが開催されました。
※3名の演奏家のプロフィールはこちらをご覧下さい 

10日は久慈市の名刹 慈光寺の荘厳な本堂の中で、11日は盛岡の古い街並みが残る、鉈屋町のもりおか町家物語館 浜籐ホールで、沢山の方々が 尺八と一絃琴の奏でる静かで温かな音色に耳を傾けました。

こちらは慈光寺での様子です。
最後の曲、東日本大震災後の情景を詠んた短歌から作曲された「秋 巡りきて」は、多くの人の心に沁み入りました。



 岩手日報(2015/10/12

11日のコンサートは、盛岡の古い街並みが残る鉈屋町の もりおか町家物語館にて「ニューヨークの風」(主催/もりおか町家物語館 盛岡市・共催/いわてアートプロジェクト2016)と題して古い酒蔵を改修したホールで行われました。
盛岡市内だけでなく、県外からのお客様もあり、100名近い方々がお見えになりました。



右から峯岸一水さん、ラルフ・サミュエルソンさん、エリザベスブラウンさん、長内努さん(もりおか町家物語館館長)松崎浩さん(通訳・日米協会理事) 
本当にありがとうございました!


今回の演奏会では、多くの方々から”日本の魂を想い出させられたようだった”とのご感想が
寄せられました。

 昨日の演奏会は普段感じたことのない本当に混じりけのない純粋な音の
世界を漂い続けさせてもらったような気がしました。楽しいとは違った
不思議な感覚でした。

一絃琴も尺八も、音楽というよりも、自然界の音のように、
とてもすがすがしい
演奏でしたから、心や神経が洗われるように…、確かにクリーニングされたような
気持ちになりました。

 日本の楽器の尺八が、これだけ世界の音の表現を奏でる楽器になっていたのかとい
う感慨と、私たち日本人が日ごろこれだけは自分たちの世界だと思い込んでいたもの
が、思いがけず、貴方方だけのものではないぞと、お叱りを受けたようにも感じました。

 例えば箸の使い方のように、自分たちにしかできないと思い込んでいたものが
ユニバーサルに使い込まれると、うれしいような、残念なような不思議な気持ちで
す。
私たち日本人は、かなり古より、外から伝えられた文化を、自分のものになるまで
色々と工夫して、単に元のままとは思えない形にまで洗練された形にする特技を
持っていたのですが、昨日の演奏のように、我々のものだという思い込みがどんどん
破れていき、それは違うぞと見せつけられたように感じました。  (県外・男性)

お越し下さいましたみなさまに、心から感謝申し上げます。


釜石・えがおの似顔絵イベント開催

8月23日(日)イオンタウン釜石の2Fイベントスペースにおいて
人気イラストレーターの長友心平さんと盛岡情報ビジネス専門学校の生徒さん達9名による
釜石の皆さんの笑顔を描こうという取り組み「釜石・えがおの似顔絵イベント~あなたの笑顔を国体
に届けよう~」が開催されました。

当日は24時間テレビの中継も入り、会場は大賑わい。
描かれたたくさんの似顔絵は、100枚以上となりました。お一人で記念に、という方もあれば、ご家族みんなで仲良く1枚の絵に、という場合もありましたので、描かれた笑顔の数は150名を超えています。
お越しいただきました皆様、本当にありがとうございました。
この似顔絵は、2016年秋、いわて国体の開催時期に合わせ盛岡市のクロステラス盛岡に展示されます



生徒さん達の描いた作品。長友氏が盛岡情報ビジネス専門学校で授業を行なったその様子はこちらでご覧下さい 



岩手未来機構は、いわてアートプロジェクト2016の
事務局です。

〝いわてアートプロジェクト2016”は、 希望郷いわて国体にあわせて開催される 「震災の記憶をとどめるための展覧会プロジェクト」です。7月31日には、英語版 中国語版の翻訳ページも公開となりました。ぜひ、こちらのHPををご覧ください。http://iwate-art-project.net/ 

    



WHAT'S NEW RECORD

・2015.7.27.28 長友心平氏、盛岡情報ビジネス専門学校で授業 
・2015.6.17 いわてアートプロジェクト2016実行委員会発足。事務局となる
・2015.6.1~ マグダレナ・ソレ氏による高校生公募写真展の公募スタート
・2015.4.25~5.5 ホセマリア・シシリア氏来日。岩手県各地で「記憶のワークショップ」開催 
・2015.3.14 イオンタウン釜石で心のケアイベント開催 
・2015.2   盛岡で「危機管理セミナー」・秋田で講演会「震災再考」開催 
・2015.2.7  KIBOWプレゼンテーション大会にて「いわて国体をアートで支援」で優勝を獲得
・2014.12.20~23
Ana D'apuzzo(アナ・ダプッツォ)さん来日。
       
盛岡情報ビジネス専門学校と郡山市の今泉女子専門学校においてワークショップを開催
・2014.12.11
「岩手県NPOと企業とのパートナーシップ第3回東京交流会」にて プレゼンテーション。
・2014.12.6 イオンタウン釜石にて「セラピー体験会~心と身体のホッとタイムを~」を開催 
・2014.10.14「READYFOR OF THE YEAR 2014」でブルートレインプロジェクトが
       コミュニティパワー部門賞受賞

・2014.9.18~29 顧問 ホセ・マリア・シシリア氏来日。福島県の4か所にてワークショップを開催 
・2014.9.7~12 顧問 マグダレナ・ソレ氏来日。5か所にワークショップや講演会を開催 
       講演会はこちら  ワークショップはこちら 
・2014.7.29 漫画家 川口まどか講演会(盛岡情報ビジネス専門学校)
・2014.7.27~29 被災3県子ども交流プログラム開催  
・2014.7.28 ブルートレイン日本海 オープニングセレモニー
・2014.7.26.27 漫画家そのだつくし楽餓鬼展(大船渡リアスホール)
・2014.7.20~27 列車内部一般公開とコミックいわて展(岩泉ふれあいらんど内) 
・2014.7.21.22 盛岡駅ビル フェザンにて「鉄道画家・鈴木周作とブルートレイン日本海」開催 
・2014.6.29 盛岡市徳清倉庫様にて、岩手県立美術館主席学芸員・大野正勝氏による「芸術と癒し」講演会開催
・2014.6.21.22 希望・1000人のポートレイト展大槌町三陸花ホテルはまぎくにて開催 
・2014.6.20 盛岡情報ビジネス専門学校にて長友心平氏講演会開催
・2014.6.13~23 Postcard to Japan展釜石郵便局にて開催 
・2014.4.12.13 盛岡 森とひなまつり「徳清倉庫の再生」にて4.000人の方々へハーブティー等を提供。
・2014.4.19~20 エスパル郡山店にてチャリティイベント「色と香りのワークショップ」開催いたしました。 
・2014.3.11 スペイン大使館開催「福島・冬の花」オープニングにお招きを受ける
・2014.3.7 東京放送FM/J-WAVE「COME TOGETHER」に出演。列車プロジェクトを紹介
・2014.3.4 クラウドファンディングREADYFOR?達成
・2014 9月にマグダレナ・ソレ顧問 来日決定
・2014 3月ホセマリア・シシリア顧問 来日決定
・2014.2.12 CBSラジオ「スマイルフォーユー」に出演、列車プロジェクトを紹介
・2013.1.12 岩手日日新聞に列車プロジェクトが取り上げられました。
・2013.12.26 岩手日報朝刊「ともに前へ」で当機構の活動が紹介されました
・2013.12~2014.1.26 盛岡駅さんさ小道に「岩泉に列車ホテル」を告知
・2013.12.20 週刊HOTERESに列車プロジェクト掲載
・2013.11.30 うつくしま、ふくしま。心と身体の癒しフェア、盛況にて終了しました。
2013.11.26 河北新報朝刊にて「列車ホテルで再出発 被災地支援NPO、岩手・岩泉町に寄贈
・2013.11.22 岩手日報朝刊にて 岩泉 ブルトレ車両が到着 列車ホテルに整備へ」
・2013.11.21 IBC岩手放送ニュースにて列車の移送が放映されました。
・2013.11.20 NHK「おばんです岩手」で当機構の列車が8分枠で放映されました。
・2013.11.14 岩手日報朝刊一面に列車記事が掲載されました。
・2013.11.13 ブルートレインプロジェクト開始
・2013.11.3 中川直人 希望1000人のポートレイト、野田展示
・2013.10. 3ホセマリアシシリア「福島・冬の花」オープニングセレモニー。
・2013.9.29 平泉中尊寺招待事業開催
・2013.9.24 山田町にてポストカード展開催
・2013.9.22 ホセマリア・シシリア福島にてワークショップ開催
・2013.7.29 中川直人 希望1000人のポートレイト、宮古展示
・2013.5.14 中川直人 ワークショップ開催いたします。
・2013.5.3 ホセマリアシシリア ワークショップ終了いたしました。
・2013.4.19 ホセマリアシシリア ワークショップ岩手と福島で開催中。
・2013.3.27 中川直人 希望、1000人のポートレート展追加しました。
・2013.3.16 NPO法人 岩手未来機構発足パーティー。
・2013.3.12 ドーセント養成講座カリキュラム概要追加しました。
・2013.3.4 活動情報(アート講座)追加しました。
・2013.2.25 活動情報(セラピストによるアート総合支援事業)追加しました。
・2013.2.25 ドーセント養成講座無料体験終了しました。
・2013.2.10 ホームページとブログ開設しました。







このページの先頭へ

バナー




NPO法人 岩手未来機構

〒020-0021
岩手県盛岡市中央通1丁目5-8 ライオンズマンション202

・TEL 019-613-7781
・FAX 019-613-7781
・E-MAIL    iwatemiraikiko@lime.ocn.ne.jp
・アメブロ http://ameblo.jp/iwatemiraikiko/









  • メールアドレス  iwatemiraikiko@lime.ocn.ne.jp TEL&FAX 019-613-7781


アクセスカウンター


   

スマートフォン版

NPO岩手未来機構